「smart FORCE ver 2.x.x」タグアーカイブ

ユーザー情報をエクスポートできません。

1.?ブラウザー ウィンドウの右上にある[ツール] ボタンをクリックします。

2.?[インターネットオプション] を選択します。

3. [セキュリティ] タブをクリックします。

4. [レベルカスタマイズ] ボタンをクリックします。

5. [ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示] を有効にします。

6. コンピューターを再起動します。

smart FORCE をhttp(ポート80)で構築しています。ログイン画面が表示されるまで、30秒程度かかりますが、改善する方法はありませんか?

smart FORCE は、「http」「https」のどちらのプロトコルにも対応している為、起動時に、ファイアウォールの通信ポートのチェックを行います。

その為、http(ポート80)で運用する場合であっても、https(ポート443)を解放していないと、通信チェックを行った際に、タイムアウト(通信失敗)が発生するまで、ログイン画面が表示されません。

サーバーの設定で、https(ポート443)を解放します。

受講者の履歴が消えてしまいました。

・コースの割り付けを解除する。

・対象コースを削除する。

・ユーザーを削除する。

上記の操作を行うと、データベースより履歴データが削除されますので、通常復旧できません。

データベースのバックアップがあれば、バックアップ時点に遡り、データを復旧できる可能性はありますが、バックアップした日時から、現在までに行った学習履歴は消えてしまいます。

ブラウザーのページ拡大率を100%にする方法は?

ブラウザーの表示内容の拡大/縮小が有効になっている場合は、次の方法で実際の表示比率(100%)にできます。

 

◆Internet Explorer

1. ブラウザー ウィンドウ右上の [ツール] ボタンをクリックします。

2. [拡大] にカーソルを合わせ、[100%] を選択します。

※メニューが表示されている場合、[表示] – [拡大] – [100%] を選択します。

※キーボード ショートカット「Ctrl + 0 キー」で、100%表示になります。

 

◆Mozilla Firefox

1. ブラウザー ウィンドウ右上の [メニューを開きます] ボタンをクリックします。

2. 現在の拡大率を確認し、[+] 拡大ボタン、[-] 縮小ボタンで100%にします。

※メニューが表示されている場合、[表示] – [ズーム] – [リセット] を選択します。

※キーボード ショートカット「Ctrl + 0 キー」で、100%表示になります。

 

◆Google Chrome

1. ブラウザー ウィンドウ右上の [Google Chromeの設定] をクリックします。

2. 現在の拡大率を確認し、[+] 拡大ボタン、[-] 縮小ボタンで100%にします。

※キーボード ショートカット「Ctrl + 0 キー」で、100%表示になります。

 

◆Safari (Mac OS版)

1. 画面上部にあるメニューバーで [表示] をクリックします。

2. [実際のサイズ] を選択します。

※キーボード ショートカット「command + 0 キー」で、100%表示になります。

コースのインポート時、「既に同名のコースフォルダが存在します。上書きとなりますが、読み込みますか?」と表示されます。

同じファイル名のZIPファイルをインポートした場合に表示される警告メッセージです。

インポートでコースを登録すると、ZIPファイルの名前のフォルダが作成されます。

コースを削除しても、アップロードしたファイルや、作成されたフォルダは、サーバーに保存されたままとなるので、同じ名前のZIPファイルをインポートすると、既にフォルダが存在しており、そのフォルダの中身を上書きするか、確認のメッセージが表示されます。

ログイン情報がクリアされません。

前回の学習中に、ブラウザーが強制終了してしまったり、正しくログアウトできない場合、ログイン情報がサーバーに残り、再度ログインできなくなります。
通常、100分でログイン情報が削除されますので、再度ログインしてください。

※緊急の場合は、ご利用システムを運営しているシステム管理者にお問い合わせください。

受講履歴を送信する時にエラーが表示されます。

A) コース(教材)の起動中に、「smart FORCE」のメニューを開いているブラウザーを閉じてしまった。

または、ページを変更(遷移)してしまった可能性があります。

B) 通信が切断してしまった可能性があります。

お手数ですが、インターネットの接続をご確認ください。
再度ログインし、受講してください。