「smart QUTE 3」と「smart TLEC 3」で作成、インポートした教材ファイルを差し替えたい。

●「smart QUTE 3」や「smart TLEC 3」において、ファイルの差し替えが可能なファイルは、大きく分けて以下の2種類になります。
1.パッチファイル
2.データファイル

「1.パッチファイル」は、以下のファイルが対象となります。
◆ smart QUTE 3
・asset/patch/qute3_patch.min.css
・asset/patch/qute3_patch.min.js
◆ smart TLEC 3
・asset/patch/tlec_patch.min.css
・asset/patch/tlec_patch.min.js
パッチファイルは、主にリリース後に判明したバグを修正するためのファイルです。これらのファイルは、「smart QUTE 3 クイックメニュー」や「smart TLEC 3クイックメニュー」の右上にある「バージョン情報」の「出力教材アップデートファイル」からダウンロードすることができます。このファイル以外のsmart QUTE 3/TLEC3の構成ファイル(CSSファイルやJSファイル)を単独で差し替えは行わないでください。コンテンツが正しく動作しなくなる恐れがあります。

「2.データファイル」は、以下のフォルダにあります。
◆ smart QUTE 3/smart TLEC 3 共通
・asset/file/config.js
・asset/file/image/
・asset/file/media/
「config.js」には、QUTE3では、QUTE3の動作設定と各問題データ(問題文や正解値、配点など)が、TLEC3では、TLEC3の動作設定と各ページデータ(文字や画像、動画など)が記述されています。
また、「image」フォルダにはコンテンツ内で使用している画像が、「media」フォルダにはコンテンツ内で使用している動画や音声ファイルが置かれています。「image」フォルダや「media」フォルダの画像データを差し替えると、以降は新しい画像や動画が表示されるようになります。「config.js」を差し替えた場合も、同じく新しい問題やページ設定で動作します。
※注意
「config.js」を変更する場合は、ご注意ください。運用中の教材に対して、構成変更を伴うデータの改変(ページの増減や問題種別の変更など)を行う場合は、新しい教材として登録いただくことをお勧めしております。すでに運用している教材の、ページの増減など構成変更を伴うデータの改変は、データの不整合が発生します。正しく履歴が取れなかったり、履歴データが壊れてしまったり、最悪の場合、受講自体できなくなることもあります。壊れてしまったデータの復旧は、弊社でも対応することはできません。